音は変わる 1

スポンサーリンク

前回の音は繋がるでは単語と単語が繋がって音声が変わることについての紹介をしましたが、今回は音が変わることについての紹介をしていきます。

まずは最近、某テレビCMでも紹介している
“have to” の”to”の部分は「トゥー」ではなくて「タ」になるというもの。つまり「ハフタ」のように変わるわけですね。
実際に日常生活の中でテキストメッセージ(Lineのようなもの)などではhaftaと書かれることさえあります。

他にも”Out of”は「アウタ」のように変わります。
ここから出ていけ!という意味の”Get out of here” は、Getとoutが繋がり、更に「ゲッタ」ではなくTがLのような音に変わり「ゲラ」。outとofが繋がって、先程と同じようにTがLっぽくなることで、繋げて読むと「ゲラーラヒァー」のようになります。
“Get out of here”を「ゲットアウトオブヒアー」と読むことができても、実際の音である「ゲラーラヒァー」と知らなくては耳で理解することはできません。

このような音の変化はたくさんあるので、また別の例を出しながら掘り下げていこうと思います。

今回は”to”や”of”が「タ」の音に変わることの例の紹介でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする