How are you ? I’m fine, Thank you, and you ?

スポンサーリンク

Hello の後につける挨拶の決まり文みたいなものとして、小学校の外国語活動や中学校の英語で教わる表現です。

A:Hello. How are you ?
B:I’m fine. Thank you,and you ?

実はネイティヴスピーカー達はこれに取って代わる表現をいくつも使います。
まずは、”I’m fine.Thank you, and you ?”の代わりに使える表現の幅を広げましょう。

日本語でも知り合いに会った時に、「元気?」とか「最近どう?」などと聞かれたら必ず「元気だよ。そっちは?」と答えるでしょうか?
少なくとも、私は違います。

仕事で疲れてるーという日もあれば、寝不足で眠い日もあります。悲しいことがあって落ち込んでいる日だってあります。
逆に、良いことがあって嬉しい時だってあるし、何だかとても調子がいいぞ!という日だってあります。
皆さんもそうだと思います。毎日元気だぜ!という方だって、多少の波はあるでしょう。

せっかくですから、もう少し自分の状態を表現してみたいと思いませんか?
いくつか例を挙げてみたいと思います。

I’m okay.「まぁまぁだよ。」
I’m good.「元気だよ。調子いいよ。」
I’m great.「超いいよ。」
I’m happy.「いい気分だよ。」
I’m busy.「忙しいんだ。」
I’m sleepy.「眠いっす。」

I’mの後の形容詞を変えるだけで、もっともっと多くの表現ができます。また、必ずしもI’mをつける必要もありません。
会話での文法は、日本語と同じで完璧に正確である必要はないのです。省略できるものは省略しますし、前回の記事のように新しい言葉だって使われるのです。

例えば、スポーツの大会決勝での終盤戦、試合終了時間はもう迫っています。あと1点決めることができれば、念願の優勝です。。。などという状況で、自分が運命の1点を決めることができたなら、「今の気分は?」という質問に対する回答は”I’m fine”でしょうか? ”Awesome !!”「最高!!」などが出てくると思います。

「調子は悪くないけど、まぁまぁ。でもどっちかというとちょっと良い方に寄ってる。」なんてダラダラ答えるのも面倒ですし、聞いてる方も「長っ!」と思ってしまうかもしれません。
“Not bad.”で十分だと思います。この短い言い方や表情でさじ加減だって可能です。

おまけに”and you ?” の代わりにも使える便利な表現もお伝えしましょう。
“What about you ?”
“How about you ?”
どちらも「あなたはどうですか?」という表現です。 この2つはこの場合はどちらでもOKですが、シチュエーションによってはどちらかしか使えないこともあるので、また改めて解説していきたいと思います。

ジョークなのか実話かは定かではありませんが、こんな話を聞いたことがあります。

アメリカで交通事故にあってしまい、重傷を負った日本人がようやく到着した救急隊の方に、
“How are you ?”と聞かれたところ、“I’m fine, thank you.And you ?”と答えたそうな。
いやいやいやいや(笑)1ミリも”fine”ではないだろ!と救急隊も突っ込んでしまったことでしょう(笑)

今日から、本当の自分の気持ちや状態を相手に伝えてみましょう。

さて反対に、”How are you”以外のバリエーションも増やしてみましょう。
What’s up ?
How’s it going ?

久しぶりに会ったり話をする友達などには
How have you been ?
What have you been up to?
What’s new ?

などなど。。。いくつか知っていることで、同じ相手との挨拶を毎回同じではなく、多少変えていくことができますね。

いかがだったでしょうか。今回の記事を読んだだけで、表現力が少しでも上がっていただけたら幸いです。
もしよろしければ、記事のシェアやTwitterのアカウントフォローなどもお持ちしています。

それではまた次回。See ya !

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする