耳を慣らすためにオススメのPodcast

スポンサーリンク

英語のリスニング力を上げる為には、耳を慣らすことが一番です。
定番の勉強法としては、単語帳などに付属しているCDの音声を繰り返し聞くことや、NHKの基礎英語系の番組を観たりラジオで聞いたりすることでしょう。

しかし、この方法だけでは実は弱点があります。
不自然なくらい綺麗に(丁寧に)発音されているのです。
例えるなら、テレビのアナウンサーが喋っている言葉のような感じ。

確かに、正確な発音やアクセントを知っておくことは大切です。でも、そのような音声でしか聞き取ることができないと、実際に英語で会話をする場面に出くわした時、知っているはずの英語も聞き取れないということが起きるのです。

理由は以前記事にもしたように、音は繋がったり、変わったりするからです。
また、多くの日本人の英語がカタカナ英語の発音になってしまっているのと同じで、他の国の人(非ネイティブスピーカー)には母国語に引っ張られた訛りがあります。インド人やアラビア系の方の英語は聞き慣れていないとなかなか聞き取るのが難しかったりします。(もっとも最近ではTOEIC対策の参考書についているCDにも訛りのある英語が収録されていたりもしますが。。。これは現代の国際社会の中でも使える英語力を養うためであったり、米語としての英語だけではなく世界共通語という認識に変わっていったのだと思います。)

更に日本語にも関東弁と関西弁ではアクセントや物の言い方などが変わるように、ネイティブイングリッシュスピーカーにも地方で訛りは存在します。

大きく分ければアメリカ英語とイギリス英語となるわけですが、当然イギリス英語の中にも地方で更に訛りがありますし、アメリカ英語もまた然りです。西海岸で聞ける英語、ニューヨーク訛り、南部訛り辺りを聴き比べてみると分かりやすいと思います。




さて、では日頃どのような音声で耳を鍛えたらよいのか少し紹介したいと思います。

まずはhttp://NHK WORLD RADIO JAPAN News
こちらは、最初に述べた綺麗な英語ではあるのですが、日本でも報道されているニュースだったりするので初心者にオススメです。内容がなんとなーく分かると、聞き取れる英単語から推測していくことができると思いますし、初めはどのようなレベルから始めればよいと思います。継続は力です。少しずつ理解できる情報量が増えるはずですよ。

続いてBBC
こちらはイギリスの放送局になりますが、NHKのような公共放送局です。定番でしょう。ただし難しい英語は多めなので、いきなりここから始めると挫折してしまうかもしれません。

今回特にオススメをしたいのは、こちら。
バイリンガルニュース

この番組が面白いのは、番組をやられているMichaelさんとMamiさんが独断で選んだ気になるニュースを紹介している点。
ネットニュースなどでも翻訳されて紹介されている記事が紹介されることもあります。NHKなどと違って、おバカなニュースやへぇ!と思わせてくれるような記事の紹介、中にはお色気系の話題なども多めです。
興味を持って聞けることで、飽きずに頑張れますしついつい三日坊主に。。。という風にもなり難いでしょう。

そして何よりも、英語で紹介した後に日本語で同じ記事を紹介したり、逆に日本語で紹介したものを英語で紹介したりとタイトル通り二ヶ国語で同じ記事の紹介があるので、自分がどの程度理解できているのか分かりやすいです。

また、スラング的な生きた英語も出てくるところも実践的でよいです。結構普通にfucking〜とか出てきたりします。(笑)

今回は耳を鍛える為に気軽に始められる教材の紹介でした。
また次回。See ya !

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする