Through

スポンサーリンク

今回は前置詞Throughについての解説です。

まずは、下の図を見てThroughの基本イメージを頭に入れてください。

“through the jungle”「ジャングルを通り抜ける」
“through a lens” 「レンズを通して」

このように何かを通っているというイメージを膨らませていくと、throughの使い方が上手になりますよ。

この記事を書いているのは、梅雨なのですが気温が上がってきて、みなさん薄着になってきています。

“Hey, she’s wearing a see-through top !
日本語にもなっていますね。シースルーです。服の生地をthroughしてsee(見る)ことができるということですね。
話が脱線しますが、英語で服のトップスと言う時はtopと言い、sはつけません。topsは服のを表すときに使います。ネット通販でトップスのものを探す時の選択肢のような。
日本人は複数形やaやtheの使い方が苦手な割に必要ないものにつけてしまうことがありますね。。。
複数形、単数形に限らず、カタカナ英語を見た時にそのまま英会話で使うと上手く伝わらないことがあるので要注意です。(例:ピアス等)




さて、話を戻してthroughの続きを見てみましょう。

先ほどのsee throughですが、目に見える物体以外にも使うことができます。
I can see through your lies.「あなたの嘘はお見通し。」親にこう言われた子供はドキっとしてしまうでしょう。

see throughは他にもこのような使い方ができます。
Don’t give up. You should see it through.
ここでは、「やり遂げる」という意味で使っています。最初から最後までの工程を見届けるようなイメージですね。自分でやって、その工程を見るわけですから傍観しているのではなく、やり遂げているのです。

もっと前置詞について深く理解したい人必見!

ネイティブが教える ほんとうの英語の前置詞の使い方

ここまでのイメージがなんとなく頭に入れば、throughの持つ終わるイメージも頭に入ったのではないでしょうか。

She went through college.「過程を終了した。」
I’m through with my love.悲しいですね。恋人と共に過ごす日々から通り抜けているのです。つまり終わったということです。

I have to get through a day without a nap.
1日通して昼寝ができないということですが、throughする対象は時間にも使えるのです。

“through the night” 「夜通し、徹夜で」
“Monday through Friday” 「月曜日から金曜日まで」

I failed again through carelessness.「不注意でまた失敗した。」
不注意な状態をthroughしてしまったが故に失敗してしまったのです。このように考えると、throughは原因も表すことができるのです。

throughを使った熟語を片っ端から丸暗記していこうとしたらとても大変ですが、一緒にくっついている言葉のイメージとthroughの通り抜けているイメージを合わせると理解できますよ。

それではまた次回。See ya !

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする